Sailing in the Dawn

残酷な運命も変えなくていい。

ジャニーズJr.の世界を旅する

スノーマンラテを注文するだけで緊張する新規岩本担です。

f:id:purple519:20170210185459j:image

激甘だったので二度は飲めないっす…

(先日、朝から打ち合わせ直行で、いつもの出社時間より寝坊できるところを、これ飲むためだけに早起きしました)

 

先週末にジャニヲタ会を二連続で開いたのだけれど、担当によってバックを探す能力が身につくかどうか違うって話で盛り上がって。

土曜日の子は、櫻井くん勝利くん廉くん、とメンカラ赤ばっかり追いかけてきた子らしく(笑)何見てもバックを探すという行為が身についてないんだよねぇ。つい真ん中を見てしまうらしい。日曜に会った後輩達は聡ちゃん担&マリちゃん担&元けんてぃ担だったけど、咄嗟にバック見る癖があるんだよね〜。けんてぃはともかく、聡マリの2人はジュニアでバックで踊る機会なんかほとんどなかったのになぁ〜と思ったけど、確かにジュニアに紛れてしまった期間が長かったか…

 

かつんは元々光一さんのバックダンサー集団として生まれてるし、ジュニア歴が長いタイプのグループだからか、かつん担はバックを探すクセのある人が多い気がする(笑)とりあえずキンキさんの映像にかつんを探す的な(笑)そして発見した時の喜びといったら無いんですよねー…変な癖です。

 

そういえば第1次ジャニヲタ期のころから、ジュニアのことはよく覚えてるの不思議。かつんより上のグループは、全然興味ないんだけど下のグループを見るのは楽しい。昔は天使みたいな黒髪のいのちゃんが好きだったから、ふっかのこともおぼえていたわけで…かつんはグループ的にもジュニアとの絡みが多かった気がする。ジュニアでの活動歴長いからかな?NEWSのコンサートのジュニアとか覚えてないけど、かつんは女王コンでえびきす全員の名前紹介してるしな〜(しかも藤ヶ谷が)今思えばえびきす担的にはめっちゃ有難い現場だったな(笑)

 

ところでジャニアイのためにジュニアのこと覚えようとする前から薄々気づいてたんだけど、

グループ多すぎない!?!?

情報局の動画を見ながら、意味わかんねぇ…ってなってた。ちゃんとグループごとに色分けされてて見やすいけどね(笑)とりあえずジャニアイと情報局の動画とYouTubeでかき集めた少クラを見ただけの印象でジュニアのグループについて語りたいだけの記事です。

なんとここまで前置き。

とりあえずジュニアマンションにいたグループはようやく全員の名前と顔が一致しました!!!
f:id:purple519:20170212141038j:image

さすがにこの画像見つけた時はうわーどれが誰だっけ?って思ってたけど、最近よく見ると誰が誰だかわかってきてるからこわい。

 

 ・Mr.KING(ピンク)

ZIPでデビューに一番近いと言われるグループと紹介されて物議を醸していたが、あんだけ平野くん激プッシュされてれば誰でもそんなのわかるよっていうジュニアのトップグループ。キンプリの片割れ。ジャニアイも全員主役と言いつつ、どう考えても平野くんが主役だった(笑)何故かバトンを仕込まれている正統派キラキラジャニーズ。

3人組らしく赤青黄のメンカラだけど珍しいのは青がセンターポジション。ただし最年長でセンターの平野くんはポンコツキャラだし、海ちゃんは弟キャラだし、廉くんがそれをカバーできるほどの包容力はさすがになさそうだし、この3人でデビューするのはいろんな意味でわりと心配(笑)

 

・Prince(水色)

キンプリのもうひとつの片割れ。なぜかフラッグを持たされている。こっちは割と常識人が揃ってる気がするのでやっぱ一緒にデビューした方がいいと思う。じぐいわのイチャイチャがひどい3人組。白スーツがあまりにも似合うけど、グループ名王子だけど、見た目からは連想できないけど、なんとなく漂うチャラさがいいよね。岸くんは体育会系の軽いチャラさで、神宮寺くんはナンパとかしてきそうなパリピっぽいチャラさ(笑)岩橋くんはあざとい小悪魔的な感じだけど、実はまじめそう。でもごめん岩橋くんの顔が好きじゃない。

 

・Hi Hi JET(赤)

ようやく名前と顔が一致するようになった、マンション内では最年少グループ。少クラや情報局の動画でよく着てる黄色メインの衣装にすごく見覚えがあってなんだっけな〜と思ったらびーあいが昔着てたやつだった。たしかに4人だ。

現在のジュニア内では唯一のローラースケート使いなのもあってわりと推されてるイメージ。JETでDOするLIFEなうのパワーワード感すごい。あと、とりあえず井上くんが可愛い。とことんかわいい。ただなんだかんだ若いなすごいなって思ってたけど、昔のJJ弟組とかもっと若かったんだよねおそろしい。

 

SixTONES(黄色)

ジュニアの特待生組。ブランクありまくりの私でも全員の名前と顔が最初から一致してたんだから間違いない。ジェシーと京本さんはちっこい頃から推されてたし、ほくゆごはびーあいだし、樹と慎ちゃんは兄弟ジャニーズでよく見たし。それにしても慎ちゃんが別人すぎて私は泣いたよ…高身長グループですが、慎ちゃんのガタイがすごい。

6人でギラっギラの衣装を着てかつんの曲を歌ってくれるありがたい存在。あととりあえず全員そろうといろんな意味でうるさい。その中で異彩を放つ黒髪ひきこもり系アイドル北斗がスパイス的な感じ。

 

Love-tune(オレンジ)

マンション内では一番新しいグループ。無所属の王だった安井くんがついにグループに所属するだけでなく、センターをはることになったのがわりと嬉しい。名前にloveが付くだけあって、最初のお揃いの衣装がピンクってのが安井くんのキャラなんだろうなぁと思うけれど、わりとギラギラ系。まあそれは主に美勇人と顕嵐ちゃんのせいだと思ってるけど。

現在のジュニア界では唯一のバンドスタイルを取り入れたグループ。最近の少クラで新しいお衣装をもらってたが明らかにチェッカーズだったのが気になってる(笑)でも楽器組のダンスを潰しちゃうのもったいないでしょ…

 

Travis Japan(緑)

美勇人が掛け持ち状態になったり、顕嵐ちゃんがLove-tuneに引き抜かれたり、ここに来てまさかのメンバー変更になってるが実は割と活動歴長いグループとのことで。一応お兄ちゃん組と弟組に分かれるあたりJJを思い出すなぁ〜。

特色がダンスだけあって、とにかく美しい群舞を披露する。ダンスが得意っていうとアクロバットに偏っていきがちだけど、ほんとにダンスだよねトラジャは。でも、そろそろオリ曲プレゼントしてあげてください。ほんとに。宮近君が小さいくせにスター感満載ですき。

 

・Snow Man(青)

大トリにしてみた。われらがすのちゃん(何様)。もうすぐ結成5周年のアクロバット職人集団。というかバク転しながら死にたい系アクロバット馬鹿集団。とりあえずどなたか、グループ名の由来だけ教えてはくれないか…なぜ雪だるま…

もう散々すのに関しては喋ったので今更語ることはないが、ここ数日渡辺担の気持ちがわかりすぎてつらい。パフォーマンス見てるだけだとクールな感じがするのに、まあ〜よく喋る(笑)アクロバット集団なのでわりとガタイの良い方が多い中、なべしょはペラい。食べるのが苦手とかいう謎。ダンスが適度で良い(凄い褒めてる)。思ったより小さい。笑うととてもかわいい。でも塩対応。素っ気なくされたい(謎の願望)。そしていわなべ2ショットが至福。それはもうまるで岩本さんの彼氏…アッ

たぶん私ギャップに弱い。単純か。でもやっぱりなべしょの彼女ひーちゃんが好きよ♡(テンションがおかしい)
f:id:purple519:20170212175139j:image

拾い画なんだけど、これ岩本さんから寄っていってるあたり彼女みあるよね。

 

今年はキスマイのツアーにもつかなそうだし(滝沢歌舞伎と日程かぶり)、夏はなんか違うお仕事があるのかなぁ…気になる気になる。現場をくれ。あ、そう、

お仕事といえば、サスケ♡♡♡

岩本さんの夢が叶うんですって!ジュニアなのにサスケに出ちゃう岩本さんすごい!!テレビ効果ってすごいんだなぁ…。昨日はみんなオフとってちゃんとウチワ作って応援しに行ったかな?????だってこの肉体美がゴールデンで放送されちゃうんだよ!?
f:id:purple519:20170212172654j:image

なお脱ぐとは一言も言ってない。

とりあえず爪痕だけ残してれば…ナレベにならないでほしい…そして怪我だけはせずに終わったことを祈る。あとはひーちゃんスマイルが見れれば至福。

あと(勝手ながら)叶えなきゃいけないのは阿部ちゃんのQさまだとおもう。至急出てほしい(笑)中丸くん推薦しといてくれ〜。気象予報士上智の大学院って言ったら、早稲田卒の中丸くんよりぜんぜん凄いじゃん。でもバラエティ出すのはなんか心配←

 

 

まあいろいろかきましたけど、ほんと、

どうすんだろね!?

これ全部はデビューできないのはみんな薄々わかってると思う。ファンも。美勇人のこともあるからトラジャとらぶちゅんは何かしら起こるだろうね、これから。キンプリも3人ずつデビューってのもなんとなく想像出来ないし…すのすとは昔のえびきすポジだけど…デビューできるとは限らないしなぁ。とくにすのちゃんは舞台班として有能だと思うし…

 

 

とか考えてると悲しくなってくるからそろそろやめよう。そうしよう。私の夢はすのちゃんのCDを買うことだ!!!!

 

2011年度はえびきすせくぞの3グループデビューしてるしそれくらいの勢いで今年デビュー組が増えることを!!!期待します!!!期待させてください!!!!とりあえずJr.祭りは誰かのデビュー発表になりそうだから戦々恐々としながら、待ってます…5月公演はすのちゃんでないからまぁ結局キンプリあたりかな…一昨年のバレーボールで誰かしらデビューさせなかったのが割と響いてるよね…だって5年間東京からデビューしてないんだもの。そりゃ高年齢化するよ。

 

以上解散ー!!!!

 

 

わたしは岩本照担当を名乗ることを決めた

 

私は心のどこかで、ずっとずっと、担降りする先を探していたのかもしれない。

 

KAT-TUNの赤西さんが好きで好きで好きだったのに、私の視界からいなくなってから、もう6年半だ。あのとき、私のジャニヲタ人生は一度終わりを告げたはずだった。でも、直視できない時期もあったけれど、なんだかんだKAT-TUNはずっと応援していたし、自担がいないのにライブも二回いった。私は単純にかつんの作る世界が好きだ。でも、私は赤西さんが作る世界が好きにはなれなかった。

ここ半年、ジャニヲタ会を後輩と開くようになって気づいた。

 

私はジャニーズがとても好きだ。

 

誰が好きとか、誰がかっこいいとか抜きにして、ジャニーズという世界が多分とても好きで、当然自分の趣味嗜好と合わないグループはあるにせよそういうことではなくて、単純にジャニーズというトンチキな世界が好きで。だから私はいつまで経っても、担当がいなくても、ジャニーズと縁を切れずにいたんだ。

 

でもいつまで待っても自担は帰ってくることはないし、かつんも充電中。かつんを応援しているのは嘘じゃないし、シューイチだってGoing!だって見るし、体育会TVだってリアタイできないことの方が多いから録画してちゃんと見てるし亀吉も見てる。中丸のドラマ主演も嬉しいし、かめちゃんの映画だってきっと見に行くだろう。でも、当分あのわたしがKAT-TUNを応援する原動力である、あの世界を見ることは出来なくて。もう一度見たいという気持ちだけで応援するのって自担がいるわけじゃないから難しくて、あれだけブログを色々書いていたけれど、つき動かしてたのはたぶん使命感だった。私もKAT-TUNを守らなきゃいけない、そのために戦わないといけない、と。

 

そんな時にであったSexy Zoneという宇宙はとても魅力的で。こんな面白くて美しくて素晴らしい世界が身近にあったのかと、そう思ってたんだけれど、どれだけSexy Zoneを好きになってもやっぱり誰かひとりを好きになることはないな????と不思議に思っていて、結局赤西さんしか私の自担になる人はいないんじゃないかと、そう思っていた。

 

 

はずだった。つい一ヶ月前は。

 

 

もうここ1ヶ月のエントリーを読んでくださっている方は、とっくの昔に早く認めろよと思っていたかもしれないです。ただ、「担当」を名乗ることをどっかで躊躇してる自分がいて。これは深みにハマっただけだと、私のふるさとはKAT-TUNにいつまでもあるのだと、私の担当は永遠に赤西さんだけなのだと、そう思わなきゃいけない気がしてて。

 

そんなつまらないことを考えていた私を、ぶっ飛ばしてくれたのがこないだのMステ。

 

修二と彰」というラテ欄の文字があったから、というのを建前にして、でも5%くらいはMステだしえびがすのを連れて出てきてくれるんじゃないかって期待を込めて録画してった金曜の朝。

その日は飲み会で、でもふとしたきっかけでTwitterを開いたら、飛び込んできた「えびとスノーマン」という文字。

課長や副社長との飲み会中なのに取り乱して、声が出なくて、涙が出るくらい嬉しくて(先輩達にドン引きされて)(でも私がジャニ好きなの知ってる)、終わってあわててかえって、再生してまた泣いて。

 

なんでわたしこんなに泣いてるんだろう。

 

幸せで幸せすぎて泣いてて。

岩本さんがえびの後ろでとびきりの笑顔で踊ってて、それ見て自然に私も笑いながら泣いてて。

 

 

私はもっとこの笑顔を見たい。

そうおもった。

 

 

この週末、仲間のジャニヲタたちに会って、ようやく自己紹介できた。

とても驚かれたけれど。

そうよね、私は今でも自分で自分を疑ってる。

 

 

でも、いつかこうやって悩みに悩んで、担降りするその日まで、私は岩本照担当を名乗りたいと思います。

 

 

デビュー出来るかどうかもわからないジュニアを応援するのは不安で、担当を名乗る前からファンって途方もなく無力だなって悲しくなってたこともあったけど、でも、おっきなおっきな夢を共有できる強みがあって、ワクワクもしてる。

もうすでに情報局には課金したし(かつんは課金してないのに)、滝沢歌舞伎も応募したし(ジャニーズ追いかけ始めて今年ではや14年、初めての郵便払込)、Twitterのヘッダーもすのにしたし(ジャニ垢だけじゃなくてリア垢も)、土曜日には出たばかりの写真を買いに行き(悩んだ挙句単独は全部買った)、もうハラは決めた。

 

今、私はとっても幸せだ。

 

 

 

 

でもひとつだけ許して。

かつんの復活ライブとすのの現場が重なったら、かつんのライブに行かせて。私の心のふるさとはいまでもKAT-TUNだから。

 

 でもまずは滝沢歌舞伎、あたりますように。

 

 

サマパラ発売記念!Lovin' Uを考える

 

まずは、ジャニーズオールスターズアイランド、全出演者、全スタッフの皆様、お疲れ様でした!!!!無事千秋楽を迎えたとのことで、まあ彼らに止まっている暇などないかもしれませんが、今日くらいゆっくり休んでてほしいね。宇宙に行った回数だけ、きっと強くなった彼らの今後が楽しみです。

 

そして今日は!!!!

サマパラ発売日です!!!!

 

 

大変申し訳ないことに買う予定はありません。

なんてったって、ジャニアイに大枚はたいたばかりだからねぇ(笑)このブログではジャニーズの話以外にバンドの話も出てくるけれど、その他にもいろいろとやってましてめちゃくちゃ多趣味なジャニヲタなのでかけられる時間労力お金の配分がね…時間労力は極力ジャニ事に振ってるつもりではあるんだけど。ま、でも、セクゾ担の子に見せてもらう予定はあるので死ぬほど楽しみ。

 

このライブをやってる頃、私はセクゾちゃんたちに微塵も興味がなかったので、発売すると聞いて初めてセットリストを拝見しました。セトリの話は確かこの辺でしたと思う。

Sexy Zoneと出会い頭の正面衝突を果たしたあと、風磨という名の強火赤西担に私の大好きなLovin' Uを歌って欲しいな…ってふと抱いた願望がまさか既に実現してるとは。

 

本日は風磨が去年の夏歌った名曲、Lovin' Uの話をします!みんなサマパラ買って聞いてね!今日発売だよ!(自分のことを棚に上げるスタイル)

 

そもそもLovin' Uとは、KAT-TUN5枚目のシングル、Keep the faithの通常盤(しかも初回プレス)のみに収録のめっちゃ存在感の薄い曲です。ちなみに私は9コンで歌われるまで、はっきり言って忘れてました。だって初回プレス盤なんて買ってないしレンタルできないし、、、でも、9コンのおかげで思い出してよかった。こんな曲が6人時代にあったとは。

アコギの音で始まり、全編にわたって楽器の音は少なめ。ボーカルだけがよく聞こえる結構珍しいタイプの曲です。KAT-TUNは情報量の多いロックチューンが多いので余計に。色で言うと深いワインレッドのような、暗い曲(笑)そして、まだまだデビュー1年半の歌声だけれど、1人1人のボーカルが堪能出来る名曲。なんと、2番になるまで仁亀はソロパート無し。カップリングだからこそ出来る大胆な歌割りです。フラット気味の田口&中丸の声や、上田くんと聖の甘い声がよく聞こえます。機会があったら、本家の方も宜しくお願いします!!

 

 

Keep the faith(通常盤/初回プレス仕様)

Keep the faith(通常盤/初回プレス仕様)

 

 

 

そしてこの曲、サラサラっと聞き流しちゃうと「You are everything forever」なんて歌詞もあるので、ジメジメした「お前がいなきゃ俺は生きられない」的な重たいラブソングだと思ってたんですが、歌詞カード見て気になることがあるんです。

 

この俺を最後まで

この俺は最後まで?


ラストの一文。なんで?マークなんだろう?と思ってから、ようやく歌詞カードをちゃんと眺めた私。

 

この俺を最後まで 愛し続けることが本当に

できるかどうかだけを知りたかった


こちらは冒頭の一節。どうやら、この冒頭の一文と最後の一文はリンクするよう。まあ、あんまり深く考えなければ変な歌詞ではないんだけれども、「だけ」というところがどうにも引っかかる。だってそれがわかれば、他のことは関係ないってことじゃないですか。

 

君がいないと

ダメになってた

俺は初めて

愛を見つけた

嬉しい時でも

突き刺す痛みも

もうひとりじゃない

ひとつになれる


ラストのサビの日本語の部分のみ抜粋。

やっぱり深く考えなければ、重たいは重たいですが普通のラブソングかなぁと思うんですが…でもこのあと「You are everything forever」とひたすら繰り返し、上掲の「この俺を最後まで この俺は最後まで?」がくるんです。

 

 

何が言いたいかと言うと、

この曲、恋人を殺して自分も死ぬことで「ひとつに」なろうとした男の歌なんじゃないでしょうか。

 

「突き刺す痛みも もうひとりじゃない」というところが実は、、、という。「この俺は最後まで?」この一節のあと、曲が不意に終わるところもドキッとする。

その結果に至るまでの過程があんまり描かれないのでもちろん、そうは言いきれないです。むしろ、ひたすらに重たいラブソングだと言う解釈が正しいです。ただ、「命よりも大切な」というフレーズだったり、「俺以外の誰かを好きになってしまう妄想がいつか現実になりそうで不安だった」という完全なるストーカー発言だったり、そういう解釈にたどり着くのも、有り得るかなと。

スキマの多い曲なので、想像&妄想の広がる余地が沢山ある曲だけれど、この解釈にたどり着いた時わたしは凄くしっくりきたので、1度歌詞を読み返してみては、、、?

 

 Lovin'U - KAT-TUN - 歌詞 : 歌ネット

 

あと、余談ですが、9コンで和アレンジのこの曲を歌うKAT-TUNがとても麗しいので、Sexy Zoneファンやその他ハイフン以外の方々はこちらも是非よろしくお願いします!この曲が和テイストになるのは意外だったけど、物凄く素晴らしいクオリティです。

 

 

 

珍しくただの販促記事でした。 

というか、サマパラで風磨がこの曲どうやって使ったのか全然知らないから、販促になるかどうかもわからないわ(笑) 

 

知れば知るほど岩本照とSnow Manがやばい

 

やばいという言葉は便利ですね。

やばいといえば、会社から家までの約1時間と少し、電車内でずっと岩本さんの画像を検索していたら最寄り降り損ねそうになった私は相当やばい。

そしてタワレコにいって、つい滝沢歌舞伎のDVDを手に取った自分は相当やばい(なんとか購入は踏みとどまった)。なんならキスマイのツアーDVDもほしい。つらい。やばい。

 

ジュニアの沼への入り方が全く未知数だったんだけど、いやー!こういうことだなぁと。今回はSexy Zoneというキラキラ美しい底なし沼を眺めていたら、鐘を突くような棒みたいなので横から吹っ飛ばされてそのまま着地できずに崖から転落したみたいなイメージ(物騒)

 

ヲタクはまずネットを駆使して画像集めとブログ漁りとYouTubeでひたすら少クラ見るところから始まるわけですがとりあえず、岩本さんが色々やばい。って話をしたい。

・あだ名

岩本さん、あだ名がひーくんなのやばい。
f:id:purple519:20170120071319j:image

どうよ。

この子がひーくんって呼ばれてんだよ?


f:id:purple519:20170120071400j:image

うーん

こわいよ…眼光鋭いよ…


f:id:purple519:20170120071458j:image

あ〜鎖骨〜


f:id:purple519:20170120071520j:image

あ〜なるほど…あ〜〜〜

 


f:id:purple519:20170120071553j:image

あ〜〜〜〜〜。゚(゚^o^゚)゚。

ひーくん天使。゚(゚^o^゚)゚。

ひーくんで大丈夫でした。いやかわいいね本当にかわいいがすぎる。目尻も眉尻も下がっちゃうふにゃふにゃの笑顔かわいすぎて死亡。顔文字が(-∀-)なのもすき。だいたいあってる。

仁亀遺族、永遠の新規ごく出赤西担にとって顔がタイプかと言われるとまたそれは違うんだけど(失礼)そんな事どうでもいいくらいかっこいいしかわいいし恋は盲目なんだよ(?)

 

・パフォーマンス

キメるところはパキッとキメるんだけど、そこまでに至る動作が大人の余裕でかっこいい。

説明するのめっちゃ難しいんだけど、まず、ピタッと止まるところのピタッと具合がキレイ。ピタッていうかビシィって感じ?緩くて流れるようなダンスも好きだけど(赤西さんみたいな感じ)。やっぱそこは体幹が大事なのかな、バク転バク宙したあととかもビシィってスタンス決められる感じって(笑)

でもってダンスは、長い手足を存分に活かしてて遠目から見ててもステキ…♡ってなるんだけど、全力を出し切らない感じの余裕のある動きがダンス上手いんだなぁ〜って思う。ただ、楽器のことはわかるがダンスのことは全く詳しくないので、この辺でおしまい。とりあえず岩本さんのダンス好き。

あとはアクロバット!!!宙を舞ったときの足の長さが尋常じゃなくていつもビビる(←そこ)。あと宙を舞う時に足がY字に開くやつすごくない?すのの曲でアクロを複数人でやるとなれば、ほぼ確実に安心と信頼の土台職人と化すけどそこも好き。じぐざくらぶの3人同時片足バク転の土台やってる時の腕どうなってんだろう…っていつも思うけど、曲終わりの決めポーズにはふにゃふにゃの笑顔に戻ってるのほんと好き。ほんとやばい(もうアクロ関係ない)。

 

・性格とかその他

 一日1チョコ以上摂取しないと機嫌が悪くなるとかいう女子もびっくりの発言。私もチョコ大好きだけど毎日は食べないよ。しかもビターチョコ。甘党のくせにビターチョコ。かわいい。チョコフォンデュができるバーに連れてってあげたい。

筋トレにハマりすぎてベンチプレスとマウスピース導入しちゃうその姿勢すき。チョコの件もそうだけど、好きなものはずっと好きってタイプとみえる。だが凝りすぎて体脂肪率4%はやりすぎです。ちょっとこわいもん。妹によるとあと2%増やすと見た目的に丁度いいとのこと。なお、私はマッチョが苦手です。

そしてその自宅のベンチプレスの隣にシルバニア飾ってる系男子。滝沢秀明様も岩本さんのこと良くわかってんな〜!ってむしろそこに震えた誕生日プレゼント。21歳の誕生日にシルバニアの駐車場ついた家あげるってやばいでしょ。しかもそっから自ら鹿さんの家族集めてるのほんとかわいい。しかも鹿さんを選んだ理由が「耳がハート」。思考回路が女子。

意外と球技が苦手とのこと。というかあんまり、シンメのふっかと違って何でもするっとできるタイプじゃないみたいだけど、何でもできそうなタイプに見えてるのが本当にかっこいい。努力ができるのも才能。

たぶん育ちが良いタイプのお兄さん。ふっかのつくったチョコケーキ食べてる時も「美味い!」じゃなくて


f:id:purple519:20170121231059j:image

 

目をキラキラさせて幸せそうに「うわーおいしいね」である。しかも食べ方も


f:id:purple519:20170121231242j:image

左手添えてるー!現段階でこんなに優雅にチョコのプレート食べてるお兄さんに出会ったことない。素敵。好き。

 

・Snow Manもやばい

ふっかの話が出てきたところで岩本さんが所属するSnow Manの話もしたい。
f:id:purple519:20170123082513j:image

かわいい。

とりあえず私が言いたいことはこないだ呟いたんですがね。

 

 

なんのアニメの設定なんだよまじで。

 

 

とりあえず私の第一印象は河合のCANDYで「LOVEふみキュン」って言ってるごつい人たちってイメージだったんだけど(今思えばわりと酷い)、V6、A.B.C-Zの系譜に連なる爽やかアクロバット集団なので結構ジャニーズ感に溢れてる気がしますね〜!そして、1年中舞台出てるか先輩のコンサートのバックについて、くるくる回ってるあたり、完全にえびと同じポジション(そして滝沢歌舞伎皆勤賞らしいね)。美勇人という名の社畜の次に忙しいジュニアたちなのでは。さらに結成5年目、前身グループいれると8年目、信頼関係でなりたつ複合アクロバットも、全員がぴったり揃えるバク転バク宙も素晴らしいコンビネーション。グループとしてはもう完成系なんでしょうね。はよデビューさせてくれ(ド新規の声)。

そして最年長、最年少とあるものの、6人は92年組4人(早生まれ1名含む)と93年組2人という史上稀に見るほぼ同い年グループ。今のジュニアの大所帯グループはすとんずが上から下まで5つ違い?かな?Love-tuneは安井ちゃんから長妻くんまで7つくらい違うでしょ。KAT-TUNが中丸から亀ちゃんまで2コ違いでこれでも珍しい方だと思うんで。

 

まだメンバーのことはまだあんまり詳しくないんですが、岩本さん、さては甘やかされてるポジションだな…?と思った動画がこちら。

https://youtu.be/moY18YVaT7o
YouTube

たぶんちょうど2年前の様子。スピードくじの箱を差し出されて、躊躇いなく岩本さんをくじ引かせに前に出す渡辺氏。ひかるたのむぞー!と言うメンバーの皆さん。くじの紙を広げ読み上げる岩本さんを見守るふっかの目。

こりゃ日常的に甘やかされてるな。

ものの数秒の出来事だけど、もうね、すぐ察した。一個下だしあきらかにジュニア歴が短い岩本さん、世話やきたがりなのに兄さんたちに甘やかされてるってもうなんなの人たらしなの?????かわいすぎる。

あと、掘れば掘るほどでてくる岩本さんのふっかへの愛の重さ。ふっか髪色変えた時に「俺に相談しなかった」って拗ねるエピほんと好き。キミはふっかの何なの。ふっかはふっかで岩本さんのキャラを守ろうとしてるあたりかわいいし、多分一番岩本さん甘やかしてる。ふたりしてかわいい。

ふっかはアクロバットでもなんでも、やってみたら出来たっていうタイプと聞いたけど、これはこれでそういうタイプに見えなくて意外でしたごめんなさい。強火滝沢担で強火河合担、でも仲の良い先輩も滝沢くんと河合くんっていうこのコミュ力。あとキスマイのダンスモノマネが似すぎててやばい。特に北山の。最年長でいじられキャラでセンターポジションって美味しいところ全部取りのずるいやつ。好き。

あと、幼なじみシンメ!もう字面だけで尊い。でも舘さんと渡辺氏が幼なじみってなんとなく想像つかない。てかなんなら渡辺くんがMCでなかなかのお喋りさんでメンカラ青なの結構意外だった。まだBBJの寿ちゃんのイメージが強すぎるのかも(6話の寿ちゃんかっこよすぎてほんと無理)。稀代の塩顔イケメン。ダンスだけなら渡辺くんが一番好き。舘様は赤だよね絶対。てか公式の呼び名が「だて様」なのやばい。強火亀梨担として名前だけは知ってたけどヲタもびっくりの強火っぷりだった。あと、パフォーマンス中ずっと顔が変わらないよね。いつ見てもキメ顔。そしていつ見ても真面目に全力。さすが。

阿部ちゃんはもう見た目から「阿部ちゃん」って感じ。めっちゃ優しそうだし頭はとっても良いけどなんだろポンコツ感ある、、、気のせいだったらごめん、、、私めちゃくちゃ文系人間だから超尊敬してるよ、、、佐久間くんはマスコットって感じだよね!グループの!オリジナルのピースをめっちゃ推してくるの好き。でもマスコットのくせにダンス始まるとエロいよね、、、佐久間くんも阿部ちゃんが喋ってる時とか、めっちゃ見守る系の目をしてるのでやっぱシンメって最高。

 

 

こんなやばい世界踏み入れたら終わりやん…人生楽しすぎるだろ…どうしようとりあえずどうしたらいい?ジュニア情報局に課金すればいいの?KAT-TUNのファンクラブも(担当を書くことに毎回躊躇して)入り損ねたままなのに?(錯乱)

以上、先週ジュニアマンションが現れた光景が目に焼き付いて離れないジャニヲタでした。みんなSnow Manおぼえて!!てか岩本さんのかわいさにきづいて!!!

 

岩本照沼落ち記念日〜ジャニアイ参戦録〜

自分が岩本さん沼に完全にハマったことを認めましたので1/14を記念日と致します。

 

先ほどどうしようもない殴り書きのジャニアイ感想文アップしましたが、改めて!!

ジャニーズオールスターズアイランド行ってまいりました〜!

初舞台、初帝劇。

もうなんだろ、終わったあと呆然としてしまって……忘れない内に!と思ってとりあえず書いたけど…うーんなんだかすごい世界でした。

 

ストーリー的には正直意味不明(真顔)でしたが。最初は華やかなショーからスタート。マンションで主要グループの面々が紹介されて、ちびジュ、勝利くんも現れてカラフルなステージなんだけど、フライングしていた海人が舞台装置にぶつかってしまう…出演者はショーをやめようとするけれど、プロデューサーが「Show must go on!」と厳しくお達し。

プロデューサーはなぜあんなことを言うのか…悩める出演者たち。そこに先輩が現れて、日本の歴史を学ぶことに…(?)

・太鼓パート(平安時代?)

・ライフルパート(第二次世界大戦

東京オリンピック(体操とか色々)

・デビュー組ソロ

目立ったパートはこんな感じ?他にもいろいろあったんだけど目まぐるしくてあんまり順序とか覚えていない(笑)

最後にもうすぐまたあの平和の祭典がやってくる!!と言ってオリンピックパート再び。最後にちびジュたちが「紫耀くんたち宇宙にいくんだね!気をつけて!(ニュアンス)」って言って一幕終わるんだけど

どうして宇宙行く話に!?!?!?

 

困惑したまま休憩(真顔)

 

2幕はゲストからスタート。今回はまっすー!!!

ストーリーは平野くんが「先輩たちのように輝くために、宇宙に行って未来を見つける(ニュアンス)」とか言って宇宙に旅立つ…(何故)

そこで出会ったのはプロデューサーの父、そこでも見せられるのは世界の悲劇。

タイタニック

ヒンデンブルク号の悲劇

そしてここに未来はない、自分で探せと言う…

未来に絶望する海人を諭す平野くん廉くんの兄貴。そしてジュニアたちが自分たちの輝くための道を見つけ始めた頃、未だやさぐれてる勝利くんは最終的に紫耀くんに諭されて地球に帰り…

最後はショービジネスの中心を東京へ!!ということで終了。

 

いやー真面目に書いてみたけど全く意味がわからないね。

ところどころ繋がるところもあるんだけどとにかくどんどん話がぶっ飛んで進んでくので、着いてくのに精一杯。

 

でもエンターテインメントとしては本当に本当に素晴らしかったです。ジャニーズのトンチキワールドが極まってました。感動。

とにかく、飛ぶ。飛ぶ。飛ぶ!!

気がつけば誰かしら飛ぶ。普通のフライングはもちろん壁のぼるフライング(すのちゃんすごい!!)とか、棒(竹?)のフライングとか、布1枚にぶら下がるのとか、えびの装置使ったぐるぐる回る紐にぶら下がるやつとか。そして球体フライングにMJウォークみたいのもあった。とりあえず誰かしら地上にいない(笑)

 

太鼓パートは長くないか?と思ったけど、スルスルとフォーメーション変えながら途切れない太鼓、普通に凄い。princeの旗とKINGのバトンも組み合わせるとショーって感じがして素敵だった。キンプリは結局一緒に売り出すのかなぁ?

 

すごいと言えば、バスケ!!!

すとんずとすのの12人で挑んだスーパーダンク、成功でほっとしたけど。あれが一番ドキドキしたかなぁ。ペアでやるやつは何組か失敗してたし、ダンク決めたあとのボールが転がってっちゃうから止めつつも、音にあわせて次々飛ばなきゃいけないから冷や冷やした…。

あとなんか全員上裸になったパートはホントにもう誰が誰だかわからなくて(笑)でもすごい美しかった。あれはウエストサイドストーリーのオマージュなのかな?圧巻でした。

 

見どころは多過ぎてもうなんか、、、書ききれないね。グループそれぞれのパートもあったり、デビュー組のソロも個性があって、流石でした。あ、勝利くんのホルン!!ホルンって派手な音でないけどちゃんと吹いてるのかねあれ。大変だぞ。

 

でも一番感動したのはライフルパート。

私はほんっっとうに戦争が嫌いです。国のために散っていくなんて、バカバカしいにも程がある。国を守るために自分が死ぬなんて。国がなくなっても自分は死なないんだよ。それなのに、、、だから私は世界史を学んで、戦争のない世界に向かうにはどうしたらいいのか、大学生の時本気で考えました。だから、このパートには本当に涙が止まりませんでした。

ライフルを使った乱れぬ集団行動とダンス。挟み込まれる台詞に心を痛めました。「お父様お母様、行ってまいります」「桜のように散ってやる!」「やられなきゃやられるってわかってる」「でも…俺に出来るのかな…」特に岩本さんの最後のセリフ…「戦争と無縁の人生、そうおもってるのはこの国の人たちだけだ」胸がいっぱいになりました。

ジャニーさんは毎年ジュニアたちを舞台に上げてるから、学徒動員には色々思うところがあるんだろうなぁ。この舞台に立つ年代の子達が、あのころは国の為に散っていったことに。

そしてその対比として描かれるのが「ショー」そして「オリンピック」なんだなぁと。平和だからこそオリンピックが東京で行われるってことだよね、楽しみにしてるんだろうなぁ。

 

 

あとはストーリーに絡んだ演技もみんな凄かった。ファンタジーなのかと思いきやそのへんはドキュメンタリーって異様な光景。

まず海人くん。未来に絶望してグレちゃうグループの弟。そして紫耀くんがそれを諭すためにお母さんの話をし始める…なんでそこノンフィクションなんや…と思いつつ見てました。たかいとすごい良かった。

そしてクライマックスは勝利くんですよね…テレビで見た時より何百倍も迫力あった…なんも言えない……勝利くんに関しては紫耀くんよりも見てきたから、あん時辛かったはずなのに頑張ってやってたなって思って泣いたよ……

 

あとまっすー!!!!!生まっすー、実は意外と3回目。現場は今日で6回目なので半分はまっすー見てることになる(笑)

恋を知らない君へ、は本当に最近好きすぎて毎回聞く度泣いてる(大マジなので出先で聞けない)のでもう泣けてしょうがない…しかも全編まっすーの優しい歌声で歌われるなんてもう?凄い幸せな誕生日になりました。ソロ曲もかっこよかったー!!NEWSの面々はあんまり帝劇と縁がなさそうな気がしたので、意外なゲストでしたけど、良かったです♪

 

 

 ※こっからただの惚気

まぁこんだけ書いてきましたけど!!!

ほんっっとうに岩本さんしか見てません!!!

舞台に誰かしら出てくれば岩本さんを探した…1か月前、こんなことになるとは誰が予想しただろうか。

マンション内でちょっと狭そうな岩本さん、隣のジェシーとアイコンタクトの岩本さん、太鼓を担いでワイルドにたたく岩本さん、戦争パートのクライマックスで力強くも切実なセリフを言う岩本さん、体操シーンの位置取り的にちょっと狭そうな岩本さん、ボールを避けてジャンプせずに阿部ちゃんに優しくパスを出す岩本さん、アクロバットの土台ばっかりやる岩本さん、すのがぶら下がる紐をいちいち手渡す岩本さん、モノマネしてるふっかを指さしてアピールする岩本さん………

1幕だけでもこんなに見どころが(驚愕)

とにかくたくさん人が舞台上にいると、全然誰が誰だかわからないんだけど、あの体格なので岩本さんは、すぐわかるのよね〜!って思った休憩時間。

2幕は、宇宙にきてピョンピョンしてる岩本さんかわいいし、将軍の岩本さんかわいいしかっこいいしつらいし、コンテンポラリーダンスの立ち位置ど真ん中であの体格を見せつける岩本さんイケメンすぎるし、最後の白スーツ岩本さんがスタイリッシュすぎて眩しいし、、、ってもう人がたくさんいる時は本当に岩本さんの記憶しかない…

特にヒンデンブルク号の時の将軍役!!声も高めで演技してたのに岩本さんじゃん!!っておもって、岩本さんだけ見分けられるんじゃなくて、コレホントに岩本さんしか見えてないな私と思い始めて(笑)しかも拳銃自殺しちゃった(語弊)時の心臓の動悸…

 

あの体格で、あのキレッキレの動きで、信頼と安定の土台職人で、足が長すぎてバク転バク宙めちゃくちゃ目立ってて、低めの声で、演技してる時は鋭い目してるのに、笑うとふにゃふにゃしてて、チョコの大きなお菓子抱いて寝るくらい甘いものが好きで、超優男で、世話やきたがりで、でもすののなかでは実は甘やかされてて、シルバニアファミリー集めてるなんて、、、、、、


f:id:purple519:20170115001931j:image

もうだめだ。

負けだ。私の負けだ。

 

てか無意識に呼び方が「岩本さん」に変わった時点でもうダメだったんだとおもう。みんなが呼ばないのにさん付けしちゃうのって「赤西さん」と同じなんだよね……赤西さんも無意識に仁君とか呼べなくなったから(笑)

 

あー!!!!もう1回ジャニアイ行きたい!!

なんかもっと書きたいことたくさんあって、ほかのジュニアの子達のこともちょいちょい見どころあったし書きたいけど、今日はもうダメだ、今日はもう岩本さんのことを考えながら、、、大人しく眠りにつきます、、、明日はバンドのフェスなのに、、、!(笑)

 

ジャニアイ1/14昼の回行きました

ジャニアイ行ってきました!!!!

感想備忘録です、ネタバレありまくりです。完全に自分用です。

行ってない人はくれぐれも読まないでくださいね…

 

 

 

 

《第一幕》

マンション!!!!!

2階4列目だったけどすごく近く感じる

岩本さん♡♡♡

勝利くんはやっぱスター感ある

とりあえずどれが誰だかわからない(真顔)

内くんや、、、

突然壁を登り始めるすのさん

岩本さんジェシー舘さんだけはなぜかパッと見でわかる

そして突然の太鼓

太鼓長いよね?長くない?

岩本さんもしかして腕痛めてる?的な叩き方してたような

ライフルのダンス怖い、でもすごい

ライフル後の岩本さん、、、(呻

声だけでわかるのはジュニアで岩本さんだけだった、、、

ばすけめっっちゃきんちょうした

最後の連続でやるやつできてよかった!!

ボールを避けてジャンプせずに優しく阿部ちゃん(だったかな)にパスする岩本さん神

岩本さんの土台職人感やばい

体操のシーン凄い、でも岩本さん狭そう

たかいとのダンスが想像以上に美しい

平野氏のフライングも美しい

勝利くん1幕いました?ホルンしか覚えてない

塚ちゃんのソロが予想以上に好き!仮面!

萩ちゃんのドラム♡好き♡

宮近くんだっけ、スター感ある

HIHIJetひとり足りないよね?誰だかわかんなくてごめんだけど

オペラグラスほしい

とても東京オリンピックだね

最後のえびの装置総動員じゃん(笑)

世話やきたがりの岩本さん

深澤さんの復活が河合さんのモノマネ

前の方で誰かがイチャイチャしてた

宇宙?いつの間に宇宙行く話に?

まってーーー!なんで宇宙ーーー!!??!

(一部順不同)

 

第一幕の感想は、

・頼むからこれ以上誰も怪我しないでおくれ、、、

・展開が急すぎてついていけない

ですかね

 

 

《第二幕》

まっすーーー!!!!!?

恋を知らない君へがもう大好きすぎてつらい私にはこれ以上ない誕生日プレゼントでした

ソロ曲めっちゃかっこよかった

たかいとがまっすーに握手してもらった手を見つめてるのただのファン

平野氏やっぱりポンコツ

つられて廉くんもポンコツになるのやめて

 

平野氏「先輩を超えるためには宇宙にいくしかない!(ニュアンス)」私「なんで?」

金星落ちてる

拾ってあげてるジュニア慣れてるよく落ちるのか

宇宙に来た岩本さんと安井くん何してんの

ピョンピョンしててかわいい

キンプリはキンプリでやってくのかなぁ結局

火星すとんず、赤の似合うグループですね

水星すの!!氷!!!!

え、みんなで背中渡り

ちょっとだけどじぐざぐらぶ聞けてよかった?大好き??

岩本さんの背後から飛び出てくるさっくんすごい

おじいちゃんは内くんなのかしら?

勝利くんいたのか

勝利くんのやればできる子感

突然のタイタニック

しめちゃん!!下のあれしめちゃんじゃない!?

舘さんは本当にどこにいてもわかる

突然のヒンデンブルク号

岩本さん将軍、、、かっこいい、、、似合ってる素敵大好き

なのに、、、イヤアアアアアア

(モンペ)

これが噂の球体フライングですね?

平野くんも勝利くんもあの演技毎日やらせてるのどうなのなんか悲しくなってきた

たかいとすごい良かった

木星と金星どのへんだったか忘れた

美勇人が忙しそうだった…今後どうするんだろ

安井ちゃん「オーマイゴッド」←好き

萩ちゃんのドラム♡♡

あとなんで全員上裸になった?

もう誰が誰だか全然わからない

でも岩本さんは体格でわかる(盲目)

勝利くん…泣

そうかLGTEってジャニワの曲なのか…この曲好き派手でミュージカルってかんじ

ついに正統派フライングを平野くんが!!

2階4列目の私、平野くんを拝むの回

美しかった

最後突然知らない人の名前がたくさん出てきて困惑

エンドロールの岩本さんの笑顔が最高

 

 

 

 

 

 

1幕、2幕終わってすぐに忘れない様に書きなぐっただけの感想ですが一旦アップしました、真面目な感想レポはまた今度ちゃんと書きます。読んでくれた人すみません!!

 

 

仁亀とふまけん〜世代最強シンメの関係性〜

ジャニショで見たふまけんの幸せそうな写真に嫉妬する仁亀担です。こんばんは。

 

嫉妬したって仕方ないのは百も承知なんだけれど、うらやましくてうらやましくてふまけんかわいくて可愛くてくやしくて仕方ないんだよ…嫉妬で狂いそう。仁亀が楽しそうに肩組んで写真に収まるかって言われたらそんなのわからないけど。だってお互い照れちゃうから。10代の頃の仁亀ならやったかもなあ。

 

「Welcome to Sexy Zone」をきちんと借りてきて「Electric shock」をきちんと聞いてみると、ふまけんの関係性を正しく表している曲ではあるけれど、仁亀の関係性とは大きく違うんだなぁと思ったので今日はそんな話です。

 

最初に言っておきますが、シンメに運命感じてない人はたぶん胸焼けするような話なのでそっと帰ることをオススメします。

 

シンメ厨の私は、どんなシンメのストーリーを聞いてもきっと尊いなあと思うのだろうけれど、やっぱり仁亀は兎にも角にも素晴らしい組み合わせだったと思います。正反対のように見えて、どこか似てる2人。無意識に揃うポーズ、そっくりな衣装。お互いの隣を譲らない2人。そして、どうしようもなく世間という強大な力に引き裂かれた2人。


f:id:purple519:20170111202340j:image

そう、それはまるで禁じられた恋、のような。

 

たとえるならロミオとジュリエット。二人は愛し合ってるのに恋人同士には決してなれないみたいな。いや、恋人になってはいけないというか。でもどうしても好きでたまらない二人同士。その境遇がさらに恋を燃え上がらせる。

例えるとするならば…普段は単なる同じ部署に配属された同期で、ビジネスパートナー。同期だから当然ライバル関係。なんならお互い負けず嫌いが高じて、周囲には仲があんまり良くなさそうに見えている。でも実はこの2人、相思相愛の恋人同士なのである………!的な。(もちろん妄想上は赤西さんが男子、亀ちゃんが女子)上司にはバレてはいけないからカモフラージュしてるけど、二人の本当の関係性を知ってる人にはわかりやすいぐらい、お互いがお互いを好きで。職場では静かにしていてもすれ違う度に2人しかわからないくらいのアイコンタクト。知られないようにさりげなくお互いのミスをしれっとカバー。そして業務時間後や二人の関係を知ってる数少ない友人の前では隠さないどころか見せつけるくせに、いざふたりきりになると、照れくさい…………

 

('ω'乂)イカーン

妄想が止まらない。てかどんな設定だ、落ち着け私。

とりあえず、私が勝手に思うに仁亀の関係性は友達でも仲間でなくて恋人に近い。運命の人って感じで。自分は相手の一番の理解者だって思ってる。誰にもその地位を奪われたくないって思ってる。そしてお互い「アイツは俺がいないとダメだから」って心の底で思ってる。でも、その口調と裏腹に、お互いがお互いに依存してる。そんな感じ。尊すぎるだろ。まあ、ほとんど妄想だけど。「RAY」の「信じ合いたいって依存するグラビティー、見つめ合う色だってシンメトリーのアナザー」ってほんと仁亀だよなあ。革命の騒乱の中、敵に囲まれた時赤西さんは亀梨さんに「俺はいいから逃げろ」って言うんだけど「お前置いて逃げられねえよ」ってきっと2人で立ち向かって2人で捕まるんだ…って、だから何の話だよ。落ち着けって。

 

でもふまけんは決して「恋人」じゃない。お互いがお互いを大切に思ってるのはわかるけど、「恋人」じゃなくて「たった1人の相棒」だと思ってるんじゃないか。そして、「俺はアイツがいないとダメなんだ」って心の底で思ってるし、向こうも同じことを思ってるのを知っている。だからこそ、お互いに依存しあわない。「俺はアイツのできないことをすればいいんだ」って思えるくらいお互いを信じてるから。あ、尊い。ほとんど妄想だけど。仁亀は2人で捕まりそうだけどさ、ふまけんは健人が風磨をぜったい逃がしそうじゃない。「いいから行け!」って。そしたら風磨は「明日またいつものところで会おう」って去り際に言うんだろ?それで、相棒を助けるためだけに、革命を勝利に導くために奮闘する…みたいな。でも次の日いつもの場所に現れない健人。次の日も次の日も。で、あの日別れた場所に行ってみると、いつかプレゼントしたお守りが落ちてて…。で、1年後突然風磨に手紙が届いて、開けて読んだ瞬間に現れる健人…!みたいな。

ってだから何の話だよ。

 

Sexy Zoneの中でもその関係性は発揮されてると思うな〜と思うのは、ふまけんが夫婦であとの弟3人の保護者って関係性なんだろうなと思いつつも、最近は健人がパパで風磨は一番上の兄貴っぽいなぁと思うことも多くて(そうなると母は勝利くんでしょうね)。どちらにしてもイメージ的には有事の健人で平時の風磨ってかんじ。ハリーポッターダンブルドア校長とマクゴナガル先生みたいな。いざと言う時には頼りになる(ハズの)ぶっ飛んだ最年長と、普段はぶっ飛んでるからこそ頼りにならない最年長を支えるナンバーツーってコレ伝わります?健人はどこ行ってもあの感じで突き進んじゃうから、風磨が全部回収してあげてるんだけど、その風磨がいるから健人は突き進めるんだよみたいな、たぶんそういうことなんだよ…どんだけこの2人尊いんだよ………一時は仲が悪かったのは、「アイツは俺が持っていないものを持っている」というのが悪い方に出ちゃったんだろうな、と思ってます。シンメとして意識させられすぎてたってのもあるかなあ、どちらにしても若かったんだよね2人とも。過ぎたことみたいだからこうやって好き勝手言えるけどね。だって今デレデレじゃん。

 

仁亀はあんまりグループ内で立ち位置とか…うーん考えたことないなぁ。KATーTUNって年上や先輩を立てようという意識があんまりなかったような気がする。どっちかっていうと全員が全員のライバルって感じ。リーダーもいないし。というか、KATーTUNってこんな感じじゃん。
f:id:purple519:20170111193201j:image

※画質悪くてすみません

シンメシンメシンメ。ほかの人との関係なんか気にしませんと言わんばかりの構図です。6人でいてもシンメタイム始まると見守るだけだったもんなほかの人達。てか、この画像が尊すぎてほんとにつらい。しんどい。何度でも貼るよ。てかほんと誰なの、仁亀が不仲とか言ったの。

 

 

まあ勝手な妄想とはいえ、ふまけんと仁亀は似てるようで全然違うシンメだなと思いつつ、仁亀のように引き裂かれることなく、これからも、これまでと同じように同じ道を隣同士で歩いていってほしいなと願わずにいられないのがシンメ厨。

二人のゆく道に幸多からんことを。