読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sailing in the Dawn

残酷な運命も変えなくていい。

邦楽ロック厨がKAT-TUNのアルバムを語る①

 
タイトルの通りです。
前置きはこちら参照。
 
ちと前置きしてから長くなっちゃいましたが、始めていきます。書き貯めしてるけど、全部聞きながらやってるからかなり時間かかるということに、やっと気づき始めた。
後悔はしてない。
 
 
では、記念すべきファーストアルバムにしてベストアルバムとかいうとんでもない作品がこちら。

 
Best of KAT-TUN

 
2006.03.22 out
 
 
そらそうよ、活動歴既に5年、単独コンサートの数だって2年半前にデビューしてたNEWSのコンサートよりも多かったとおもう。KAT-TUNの原点はライブなのです。
 
あえてシンメ以外でコンビを組んだユニット曲3曲と、あとはジュニア時代の曲と新曲半分ずつの構成。同時発売のReal Faceは別バージョンが収録。そのため、リアフェのアルバム収録は次のベストまでお預けだったのでした。みんな知ってるリアフェはCD買わないと聞けないとか、よく考えたら鬼だよな。あれ、てことは、リアフェの感想書けないじゃん!
 
 
1、SHE SAID...
わたしのハイフン生活はここから。
2005.05.20のこと。Mステで金網を背に黒とシルバーのギラギラの衣装のイケメン6人が、ゴリゴリのロック歌ってるとか、この世のものとは思えないまぶしさだった。おそろしい。デビュー前の露出で結構歌ってたので、私みたいにノックアウトされた人けっこういるでしょ。ていうかいなかったらおかしい。私のジャニーズへのイメージ全部ぶっとばしてくれた。
アルバムのはじまり、KAT-TUNの長い歴史のはじまりとして、これ以上ふさわしい曲はないとおもう。壮大なスケールのイントロ、「We're KATTUN. It's a show time」と聖のセリフを挟んでからの、がっつりギターが盛り上げる。ライブでも6人のときはよく要所で盛り上げ役としてかつやくしてくれました。田中。のラップ×ボイパの裏で鳴ってるギターが無駄にかっこいい。聞こえへんのだけど。
仁亀担としては
キミハイナイ イタミハナイ

の神がかり的なうつくしいハモリで鼻血ものなんだけど、中西の

明日は見えないから 今日は目を閉じて夢だけを見る

高低音攻めもはずせない。てか中丸の低温な低音すごい好き。

 

2、NEVER AGAIN

赤西さんによる赤西さんのための曲。

1サビが赤西さんのソロって普通におかしい。普通に考えてありえないから。

どんな辛いことからも 愛を守る

とか赤西さんに言われた日にはもうしんでもいい。守るって言われたそばからしぬ。ころしてくれ。ラスサビの高音なんか女子ですら出ない人多数な音域。ソプラノ。どうなってるんや。

大サビの亀梨さんの全てを制圧した立ち位置も好き。仁亀ツートップの極み。これを歌ってるのがジュニア時代ってところがもう、KAT-TUNおかしい。てかおそろしい。曲の話をしていない。

 

3、I LIKE IT

こういう曲ってなんていうジャンルなの?(そこから)

KAT-TUNのパブリックイメージからはかなり遠いところにある曲だけど、ハイフンはきっとみんな好き。ちょっと、なんていうんだろう、バラードと言うのは違うような、スローなテンポの不思議な香りのする曲です。セピア色な感じ。こういうのをR&Bというのかしら。そうなのかしら?

これまた仁亀無双。でもサビの四人が重ねたハーモニーの響きが神がかり的にうつくしい。その上にフェイクで乗せてくる仁亀、この6人のクオリティおかしい。6人とも声が主張しあわないからいいんです。しかも裏声がみんな綺麗。これもジュニア時代のオリジナル曲。やっぱりおかしい。

 

4、MIRACLE

一度トラウマになりかけた曲。

ポップで明るい感じのダンスチューン。これまでの3曲とかなり毛色が違うけど、それこそ今までの3曲が非常にディープなのでここでひと休みの感じです。軽く聴ける。逆に言うと、そんなに記憶に残らない。これは新曲ですね。

で、そんな存在感の薄い曲がなんでトラウマかっていうと、赤西さんが留学前にウタワラで最後に歌った曲だから。まじでこれが私が見る最後の赤西さんになったらどうしようとか思ったら二度と聞けなくなった。解消したけど。

 

5、BLUE TUESDAY

じめじめ失恋曲。KAT-TUNのバラードはたいていじめじめしてるし、たいてい愛が重い。「未来を悲しむことはもうよそうと思う」とか言っておきながら、明らかに未練たらたら。でも似合うのでどんどんやってほしい。出だしの聖の甘い声がせつなすぎる。

ちなみに、曲とは関係ないが2サビで赤ちゃんの泣き声が聞こえるとかで有名。違う意味で泣ける。ところで、バラードってそんなにしゃべることない。

 

6、RHODESIA

厨二病真っ盛りか。

ローデシアとはアフリカにかつて存在した国の名前。イギリス領だったが現在はジンバブエの一部。でもあんまり国は関係なさげ。いまいち歌詞も何を言いたいのかはわからないけど、

永遠は儚い だけどRHODESIA
夢は続く

とりあえず厨二病ってことだけ伝わって欲しい。曲調がハードロックでとにかくかっこいいので、大目に見ましょう。闇とか黒とかのイメージのKAT-TUNにプラス、とても赤色が似合う曲です。冒頭から聞こえるデジタル音がサイレンの音のようにも聞こえる。

 

7、GOLD

海賊といえばKAT-TUN!!!KAT-TUNといえば海賊!!!つまりKAT-TUNのテーマソング!!!

英語詞がかなり多いので雰囲気1発ですが、とにもかくにも当たり前のようにかっこいい。風に吹かれながら、美しい朝焼けに照らされながら、煌めく海に向って、甲板の上に立つ6人の姿が思い浮かぶようです。

そしてこの曲もご多分に漏れず仁亀です。

旅立ちの鐘が 鳴り響く
地平線が消える場所で君の瞳 思い出せば会いたくなる
でも戻れない

おたがいがおたがいに背中をあずけて歌う仁亀がかっこよすぎてしぬ。むしろころされにいきたい。

ついでにいうと間奏のベースのスラップがかっこいい。アイドルの曲聞きながら、まさかスラップかっけえ!とか言うことになるとは。サビ前のフィルもかっこいいし。あ、KAT-TUNの曲を邦ロック厨が語るとこうなります。

そういえば、イントロのざぶんと水に入った音がトライアスロンのスタートと聞いたことありますけど、出航だから、、、飛び込んじゃダメよ、、、

 

8、WILDS OF MY HEART

ミディアムテンポのシンプルなロックチューン。赤西さんがお気に入りらしい。イントロかっこいい。ギターもだけどドラムね。進行もかなり王道だし、ベースも基本に忠実。けど、この曲が似合うロックバンドって今の時代にはいないかも。最近のバンドはとにかくテンポが早い、、、このテンポ感は夜の高速道路を走る車が思い浮かぶし、かっこいいと思うんだけどなあ。大サビのパート分けも絶妙だし、キーがちょっと高いからみんな必死に声出す感じが焦燥感あって良い。最後の裏声が美しい。

雨が二人の頬を伝い 世界の片隅で君を愛した

何やら背徳感の漂う愛です。KAT-TUNの、世界が許さなくてもおれは君を守りたいみたいなやつが好きです。世界を壊してでも、みたいなやつじゃなくて、逃れて隠れて危ない橋を渡ってでも、みたいなやつ。ハイフンはたいてい厨二病なんだよわかってるって。

 

9、SPECIAL HAPPINESS

亀梨&田口の友達部によるハートウォーミングな曲。ただひたすら甘い。末永くお幸せにって感じ(リア充爆発しろともいう)。冒頭、目覚ましが鳴り響いてるのでたぶん平日の朝だと思うんだけど、どんな夢を見てる?じゃなくて起こしてあげた方がいいんじゃないかな、、、笑

音楽的にしゃべることないんだよなあ、、、歌唱力的にも平均のふたりだから危なげなく終わるし。アイドルじゃなきゃ歌えない感じの優しい曲です。

 

10、ONE ON ONE

田中&中丸の田中。による曲です。ラップ担当とボイパ担当が作詞を手がけたので、才能を遺憾無く発揮するというか、それに尽きる。ラップして歌ってラップして歌ってボイパして。

胸に刻み込む5年の月日
先を行ったはずが 置いてけぼり 今が全てじゃない

デビューするって聞かされた時5人は非常にそっけなかったらしいが、中丸だけはやる気満々だったと聞きますので、この辺に積年の想いが表れているのだなぁと。なにせKAT-TUN結成は2001年なのに、NEWS(2003年結成即デビュー)、関ジャニ(2002年結成、2004年デビュー)に思いっきり抜かされてたので、悔しかったんだろうね。中丸さん実は真面目で控えめそうに見えますが、上昇志向が強いタイプです。ボイパ勝手に習得してるのもオンリーワンで目立つ為だろうし。

別名が中丸の恨み節。ほんとにそれ。

 

11、BUTTERFLY

赤西&上田のバタフライ組によるロックチューン。まあコンビ名の由来がこの曲なんだけど。趣味嗜好がたぶん共通してたので洋楽のようなかっこいい曲が出来てしまったようですけど、アイドルだよねってかジャニーズだよね、、、?ファズでめちゃくちゃ歪ませたギターかき鳴らしながら歌うんだけど、赤西さんパートの英語日本語入り乱れる早口言葉のような部分は、もうそれ自体を楽しむしかないし、途中スペイン語で愛の告白してくるし、なんかもう凄い。

このコンビは甘い声質が似ている(上田くんが抜けた赤西さんパートを担当することも結構多い)し、他にもふたりで曲作って欲しかったなあ〜!!!というのが本心。まじで。

 

12、RUSH OF LIGHT

駆け出しのロックバンドみたいなキラキラポップロックチューン。かわいい。耳コピできそうなレベルの基本に忠実な構成なので、普通にコピーバンドでやってみたい。

曲を聴きながらflumpool、引く、ストリングスみたいな感じかなーと思った。爽やかな感じとか。ギターの使い分けはミスチルみたいだけど。リードを担う方が優しいアルペジオなあたりがね。aメロの歌い出しの上田くんの歌い方が個人的にめちゃ好き。

出口が見えなくても
転がりながらも ずっと ずっと

若いなあ。とか思ったりして。未来は見えなくて不安だけど、二人ならきっと大丈夫。みたいな。東の空って希望の象徴だと、個人的に思ってるので。あんまりKAT-TUNらしくないけど、KAT-TUN以外だと似合わない曲です。

 

13、ハルカナ約束

言わずとしれたKAT-TUNの代表曲。私KAT-TUN知って初めて聞いたはずなのに知ってたもん。(笑)

デビュー前はKAT-TUNといえばこの曲だったし、この曲でデビューするんじゃないかって言われてたんだよね。弾ける若さと明るさで、声もすごく元気が良くてホント好き。ファンが出来る振りがついてるのも、ジュニア時代の代表曲ってかんじ。

ポップだけどギターかっこいいし結構ロック調なのもKAT-TUNぽい。ラップも入ってるし主旋律亀梨、上ハモ赤西、オクターブ下中丸同期組のラスサビもいい。いいとこしかない。

あの日 俺たちが信じた夢 刻む ハルカナ約束
信じるキミがついたウソなら そっとココロにしまうよ

ふとした時にこの歌詞思い出してちょっと切なくなる。なんでだろうね、でもKAT-TUNとファンがこの曲をいつまでも大切にする意味がたくさんつまってるし、今でもファン投票で一番になるのってきっとそういうこと。

 

14、PRECIOUS ONE

中丸が泣く曲。名バラード。それ以上説明したくないレベルで名曲。これもジュニア時代からの持ち曲ってすごいとおもう。

10ksでラストに持ってきた意味がすごく良くわかるし、やっぱりこれもハイフンみんなが大切にしたい曲だし、メンバーもそれがよくわかってるんだろうなあという演出の仕方でした。にくい。

歌詞だけ読むと、失恋の曲なのかなあと思うし、失恋しただれかをなぐさめる曲にも聞こえるし、こいのうただとおもうのだけど、それ以上の何かがあるなあとも思う。

You're not all alone anymore 1人じゃない

きみはひとりじゃないんだよ、だからそのままでいいんだよ。そんなやさしいメッセージの歌。KAT-TUNが残していく歌にしては重いよっておもうけどね(笑)

 

15、Real Face#1

デビュー曲の原形というか、アレンジが違うバージョン。バンドアレンジになっているので、こちらのほうがソリッドで無駄なものなくてかっこいいという人も多いんじゃないかなあ。でも私はシングルバージョンの方が無駄な装飾が多くて好きです。デビュー曲なんだから派手に行かないとね。笑

正直シングルバージョンに慣れちゃったから物足りないのよ。舌打ちもないので。こんなすっきり終わられたらがっかりしちゃうので、正直あんまり聞いてないしこれからもあんまり聞く気は無いです(笑)でもシングルバージョンを語るには10ksまで進まないと語れないのつらい〜

 

そんなわけで、以上です。

ベストとついているだけあって、アルバムのまとまりとか世界観とかが考えられているというよりは、KAT-TUNのもつクオリティの高さを世間に示すための作品という感じでしたので、アルバムについて語るのはちょっと違うかな。

にしても幅広すぎるんだけど、ここからどんどんすごくなるので、いつ終わるんだろう、まあいいやとても楽しいので、のんびりやります。

読んでくれた人どうもありがとうございます。

次回も乞うご期待です!