読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sailing in the Dawn

残酷な運命も変えなくていい。

ゼウス見ました

リアタイできなかったゼウス見ました!!

 

いやもうこんなに品もセンスもない番組久しぶりっすよ。

前回、前々回も批判殺到だったこの番組、なんにも学習してなくて逆にすごい。Twitterの公式アカウントを見ると、むしろよくこんなんでやらせてもらえてんなってレベル。本当にタメ旅を見習ったほうがいい。てか、ちゃんとリアタイしてたら罵詈雑言のTLに飲み込まれるところだった〜。

というわけで、ゼウスの良かった点、悪かった点、次回への提言をば。

 

〈良かった点〉

・上田くんの筋肉が堪能出来る

・ジャニーズの先輩後輩の絡みが見れる

・副音声でいのちゃんのゆるいトークが聴ける

レスリングがなくなった

→けが人出してるから当たり前か。今回は芸人さんとジャニタレが直接触れ合う機会はなかったので多少安全になかったかな〜

 

〈悪かった点〉

・点数がわからなくなる

→これが1番悪いところ。競技はスポーツを基本としているので正々堂々とやるべき。点数が曖昧では番組として如何様にも編集できてしまうし、「ジャニーズが負けたら番組終了」という発言があった時点で、余程ジャニーズ軍が負け続けない限り、今回はジャニーズ軍が勝つことが予想されていたところに、この編集なのでとてもタチが悪いと思った。VS嵐を見習って欲しい。競技が始まる前に現在何点差、のアナウンスが必ずある。そのため明らかに大量リードを許すこともあるが、何かしらの救済措置というか負けてる方へのボーナスが与えられるところが大切。それでもぼろ負けする時もあるけどね(笑)

・大縄跳びがナレベ

→3時間番組とわかっていて、6種目やって、1種目がまるまるナレーションベースというのは元々の企画力がなさすぎるのでは。大縄跳び+1種目しか出てない子も多かったので、担当が活躍するところを見るのを楽しみにしていたヲタにとっては恨みしか残らない。副音声でいのちゃんの悲しい声が響き渡ったのも辛かったです。実はジャニ軍が1回目に83回跳んで、芸人軍が50回くらいだったのを見て、2回目の挑戦をすぐに終わらせて、休憩させないという姑息な手で勝ったところを、放送できなかったのだろうか、、、

・ゼウスポンの名前がダサい

→え?ダサいよね?

・罰ゲームが土下座

→時代遅れすぎる。そもそも初回から時代遅れだったのに、更に今回電流が走る仕様になったということで、ますます批判の対象へ。大好きなタレントが土下座してるのを見たくないのは、芸人さんのファンもジャニヲタも一緒。早急に辞めるべき。

・ジャニーズが上か、芸人が上かという概念

→そもそも戦うべき場所が違うので、芸能界での序列をこんな番組で決めること自体ナンセンス。ジャニーズが極めるべきは歌とダンスと演技などなど「夢を与える」ことだし、芸人さんはネタ、コント、漫才、リアクションなど「笑いを与える」ことのはず。確かに最近はお互いがお互いの領域をどんどん侵食している気はするが、だからといって基本がぶれることは無いので、どちらが上でどちらが下という考え方自体が間違ってる。芸人さんはジャニーズをバカにしたような態度をとったりもするけれど、当然それは仕事。炎上するような問題発言を除いて楽しまないとテレビ見れなくなるし、これからもお互いが楽しくお仕事してくれればそれでいいじゃん!!という。もちろん、芸人対ジャニーズという構図で対決するということが悪いってことじゃなくてね!!

 

〈改善策〉

・全知全能の神ゼウスが支配するバトルフィールドという設定をやめる

→根本的にゼウスの上から発言にはイライラするので、福澤アナの実況があれば充分。そもそもゼウスが競技の行方を支配してるのってローリングゼウスかストロングハグくらいのもんじゃない?大縄とかPKとかぜったい何の関係もないよね?

・競技をもっと平和なのにする

→例)KATーTUNとNEWSの少プレ運動会

見ていて心が辛くないやつにして、ほのぼの眺めたい。そのほうが、芸人さんとジャニタレの絡みが楽しくなりそう。運動が苦手な人でも協力プレイでワイワイ出来る、みたいなやつの方が画的にもよくない?そもそもなんで肉体の極限まで頑張らなきゃいけないのかわからん。玉入れずの亀ちゃんにバシバシ玉投げちゃうテゴにゃんに苦笑するくらいが絶対丁度いい。

・競技をスポーツテストにする

→運動系をきちんと極めるなら、由緒正しきスポーツテストの結果で対決するというのはどうでしょうか。50m走とか走り幅跳びとかシャトルランとか種目も色々あるので、得意な種目にエントリーして合計得点で競うとか。得点の出し方も決まってるので、正々堂々戦えそう。ただし年齢補正をかけないと若い人集めやすいジャニーズがかなり有利になってしまうのでそこは注意が必要。

・罰ゲームをもっと平和なのにする

→芸人さんが勝ったら、ジャニーズが本気のコントと漫才を披露する。ジャニーズが勝ったら、芸人さんに嵐のシースルー衣装を着てもらって本気でA・RA・SHIを踊る。それかSexy ZoneSexy Zoneを白スーツと赤いバラで本気で披露する。但し、観客は敵チームを応援してる人だけなので冷たい視線しかもらえない。こんな罰ゲームなら、負けても見てる方は楽しいのでは(笑)せっかく違うジャンルのプロが競っているので 、そこを活かした罰ゲームにした方がいいんじゃないかなあ。土下座で終わらせるのは勿体ない。

 

 全知全能の神まで届け!!!この思い!!!

 

でも番組云々を抜きにすれば、上田くんの熱さがから回ってるところがとても微笑ましかったし、聡ちゃんの「ただのおじさんとしか思ってないんで」とかいう強気発言のあと思いっきりPK外すのがかわいかったり、上田くんのメガネがかわいかったり、上田くんの「うちの中丸」発言がかわいかったり、、、上田くんかわいすぎかよ!!!!

 

次回も呼んでくれ櫻井キャプテン、、、!