読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sailing in the Dawn

残酷な運命も変えなくていい。

カラフルEyesとかいう名曲を一年遅れで知ったのでだらだら感想を書くよ

Sexy Zone

 

Sexy Zoneの話題書いたらびっくりするくらいアクセス来たので、やっぱ旬のグループは違うなと思いました(小並感)

 

つぎは借りてきたセクゾベスト盤を一日かけて聞いた感想でも書こう〜♪と思ってたの、7日朝の時点では。でもある1曲でどうしてもリピートしてしまうんですよ、、、それが

カラフルEyes!!!

まさかのカラフルEyes!?大穴!!っていうね。ほかの記事読んでくださった方わかってると思うんですが、私バンド音楽が好きなんですよ。そして、生粋のKATーTUNヲタなんですよ。あの闇と黒と夜が世界一似合うグループことKATーTUNのファンなんですよ。

まさかのカラフルEyes!!(2度目)

 一番驚いてるのが自分で、驚きすぎて昨日1日で音源10回、YouTubeに上がってる少クラ映像でさらに10回は見た(笑)それでも飽きないどころかあと3倍は見たい。Sexy Zoneは音じゃなくて出来れば画が観たいアイドル。(ってか普通はそれが普通か?)

 

まず一つに!!生ブラス豪華!!!!っていうところから入らせてほしいんだけど。イマドキどんだけクオリティの高い音がデジタルで作れてしまうか、、、という時代に生ブラスってところに萌えるし、さすがおとぎ話のセカイからやって来たアイドルだなと。そしてこのビート感、女子ドルの曲では聞くことあるけど最近のジャニーズの曲ではあんまりなかったかも。モータウンビートチックですよね〜。とにかくテンポが速くて展開が早くて情報量の多い曲ばかりの時代に、この音数の少なさが新鮮ですごく好きです。古き良き感。

 

あ、、、バックトラックの話から入ったのは、予防線です、、、

 

この曲のハイライトってもう前の記事でも触れましたけど、大サビっつーかC&Rの台詞のとこじゃないですか。

 

風磨「(英語聞き取れません)」

ケンティ「Can I kiss you? 目閉じて。♡♡←キス音」

勝利くん「ぼくもきみがすきだよ(棒読みがいとしい)」

 

あーーー!!!ずるい!!!!どうしよう!!!!文字にしようとしてるだけでニヤケが止まらない!!!!!!(じたばたじたばた)こんなアイドルソングにもがき苦しむ日が来るなんて思ってもみなかった…!

風磨さんが英語でペラペラっと(たぶん)お洒落なこと言ってるのずるいよね。あの深みのあるザラッとした吐息混じりの爆イケボイスで言われたら、英語がどんな意味なのかわかんなくても、即落ちするよね。死ぬよね。死んだよね。

ケンティーはいつものキャラ通りラブホリ過ぎて二度目の死を迎えるよね。キスしていい?って聞いといて!!!目閉じてって優しく命令されて!!!勝手にキスするんじゃないか!!!!!うわあああああずるい!!!!!あぁ…(パタリ

そして勝利くんがあの!!可愛く小さくまっすぐな声で!!!「ぼくもきみがすきだよ」って!!なに!?!?ファンタジーなの!?!?しかも「すきだよっ」て最後語尾がちょっと上がる感じがたまらない…おおぅいっそ殺してくれ…

てかこれ自分で考えたのかな!?ケンティーなら全然素面でやりそうですが、勝利くんが自らこのセリフ選んでたとしたらまた死ぬ。でもとりあえず歌詞カードに載ってないよね?なんていうか自分のキャラ踏まえすぎてる上に、全員あざといな〜。この曲聴くだけで何回でも死ぬ。命がいくつあっても足りない…!ヒィィィ

 

 

 

ふぅ。一度落ち着いて。

 

この曲の歌詞、バックトラック同様おしゃれに韻を踏むところもいいですよね〜「Eyes」「愛す」で韻踏むとか。やばい。あと「大好き」の「だいす」の部分も「Eyes」と韻踏んでるし、「kiss」もローマ字で書けば当然うしろは[-isu]なので踏んでんだよなぁ。職業作詞家さんってのはすごいんだなぁ、、、

ただ、なんとなーく聞いてると、それこそ「愛す」と「Eyes」がややこしくて、どういう歌詞なのかいまいち掴めないんだけど、冒頭のケンティの「今僕のことを好きだと言ったの?」の一文と、勝利くんの「僕も君が好きだよ」というセリフでだいたい流れが説明出来てると思うんだよね。つまり、基本的にセクゾが歌ってるのは「僕」側の言葉なんだけれど、イントロや間奏などでコーラスのように歌われる「愛す」と言ってるのは「君」なのでは?という。だから「You said? Loving you, Loving you」なんじゃないかっていう。そして「好きだと言ったの?」って聞いてるんじゃないかっていう。いや〜おしゃれ〜!

そんでしかも、「僕も君が好きだよ」と伝えたあとのアウトロの「Loving you, Loving you」の前にはなんと!!「You said?」が付いてないんです!!つまりこれは「僕」の言葉!!実はこの数分間でちゃんと恋が進展しているんです!!!

おっしゃれ〜!

 あと、「ドキドキしよう」の歌割りを勝利くんにさずけた大人は黙って手を挙げてくれ。お歳暮送ります。消え入りそうな声量だけど、逆にそれが萌える。あと「女の子のことは  わからないけど」って達観してる感じの勝利くんが歌うのもイイ、、、!

 

 

いやこんな素敵な世界があるなんて幸せ。この曲、元々知ってるセクガルさんたちはどう思ってんのかな〜???と思って、先日行われていた「Sexy Zone楽曲大賞」を覗いてみると6位!思ったより高順位!可愛い曲がやっぱ好きなんだな〜KATーTUNなんか上位に来る曲といえば、基本強め攻め曲か思い出の曲かだから。なもんで、みんなどんな感想書いてるのかな〜と思ってページ開いて愕然。

 

えっ…これ5人の再出発の曲なの…!?

(マジで知らなかった)

(てか5人の曲なのにセリフ3人しかないのか)

それでこの順位なのか〜!と思った次第。こんな可愛い曲で再出発ってのもSexy Zoneらしいというべきなのかな〜?その辺りはド新規の私が口を出せないけど、とりあえずメンバーカラーのスーツでこの曲を歌ってる理由がなんとなく分かった気がする。5人もこの曲好きかな?特別な曲なんだろうな。

 

いやまさか1曲でこんなになっちゃうと思わなかった、、、足首じゃなくてふくらはぎくらいまでは浸かってる気がしてきた。やばい。つらい。楽しい。ジャニヲタ楽しい。

 

もうちょっと心が落ち着いたらほかの曲のことも書きたいな〜KATーTUN疎かになってる〜でも昨日かめにゃんが帝劇に降臨して、客席だけでなくJr.たちの心も奪っていったことは聞いたよ。ジャニアイ本気で行きたい。