読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sailing in the Dawn

残酷な運命も変えなくていい。

サマパラ発売記念!Lovin' Uを考える

KAT-TUN Sexy Zone

 

まずは、ジャニーズオールスターズアイランド、全出演者、全スタッフの皆様、お疲れ様でした!!!!無事千秋楽を迎えたとのことで、まあ彼らに止まっている暇などないかもしれませんが、今日くらいゆっくり休んでてほしいね。宇宙に行った回数だけ、きっと強くなった彼らの今後が楽しみです。

 

そして今日は!!!!

サマパラ発売日です!!!!

 

 

大変申し訳ないことに買う予定はありません。

なんてったって、ジャニアイに大枚はたいたばかりだからねぇ(笑)このブログではジャニーズの話以外にバンドの話も出てくるけれど、その他にもいろいろとやってましてめちゃくちゃ多趣味なジャニヲタなのでかけられる時間労力お金の配分がね…時間労力は極力ジャニ事に振ってるつもりではあるんだけど。ま、でも、セクゾ担の子に見せてもらう予定はあるので死ぬほど楽しみ。

 

このライブをやってる頃、私はセクゾちゃんたちに微塵も興味がなかったので、発売すると聞いて初めてセットリストを拝見しました。セトリの話は確かこの辺でしたと思う。

Sexy Zoneと出会い頭の正面衝突を果たしたあと、風磨という名の強火赤西担に私の大好きなLovin' Uを歌って欲しいな…ってふと抱いた願望がまさか既に実現してるとは。

 

本日は風磨が去年の夏歌った名曲、Lovin' Uの話をします!みんなサマパラ買って聞いてね!今日発売だよ!(自分のことを棚に上げるスタイル)

 

そもそもLovin' Uとは、KAT-TUN5枚目のシングル、Keep the faithの通常盤(しかも初回プレス)のみに収録のめっちゃ存在感の薄い曲です。ちなみに私は9コンで歌われるまで、はっきり言って忘れてました。だって初回プレス盤なんて買ってないしレンタルできないし、、、でも、9コンのおかげで思い出してよかった。こんな曲が6人時代にあったとは。

アコギの音で始まり、全編にわたって楽器の音は少なめ。ボーカルだけがよく聞こえる結構珍しいタイプの曲です。KAT-TUNは情報量の多いロックチューンが多いので余計に。色で言うと深いワインレッドのような、暗い曲(笑)そして、まだまだデビュー1年半の歌声だけれど、1人1人のボーカルが堪能出来る名曲。なんと、2番になるまで仁亀はソロパート無し。カップリングだからこそ出来る大胆な歌割りです。フラット気味の田口&中丸の声や、上田くんと聖の甘い声がよく聞こえます。機会があったら、本家の方も宜しくお願いします!!

 

 

Keep the faith(通常盤/初回プレス仕様)

Keep the faith(通常盤/初回プレス仕様)

 

 

 

そしてこの曲、サラサラっと聞き流しちゃうと「You are everything forever」なんて歌詞もあるので、ジメジメした「お前がいなきゃ俺は生きられない」的な重たいラブソングだと思ってたんですが、歌詞カード見て気になることがあるんです。

 

この俺を最後まで

この俺は最後まで?


ラストの一文。なんで?マークなんだろう?と思ってから、ようやく歌詞カードをちゃんと眺めた私。

 

この俺を最後まで 愛し続けることが本当に

できるかどうかだけを知りたかった


こちらは冒頭の一節。どうやら、この冒頭の一文と最後の一文はリンクするよう。まあ、あんまり深く考えなければ変な歌詞ではないんだけれども、「だけ」というところがどうにも引っかかる。だってそれがわかれば、他のことは関係ないってことじゃないですか。

 

君がいないと

ダメになってた

俺は初めて

愛を見つけた

嬉しい時でも

突き刺す痛みも

もうひとりじゃない

ひとつになれる


ラストのサビの日本語の部分のみ抜粋。

やっぱり深く考えなければ、重たいは重たいですが普通のラブソングかなぁと思うんですが…でもこのあと「You are everything forever」とひたすら繰り返し、上掲の「この俺を最後まで この俺は最後まで?」がくるんです。

 

 

何が言いたいかと言うと、

この曲、恋人を殺して自分も死ぬことで「ひとつに」なろうとした男の歌なんじゃないでしょうか。

 

「突き刺す痛みも もうひとりじゃない」というところが実は、、、という。「この俺は最後まで?」この一節のあと、曲が不意に終わるところもドキッとする。

その結果に至るまでの過程があんまり描かれないのでもちろん、そうは言いきれないです。むしろ、ひたすらに重たいラブソングだと言う解釈が正しいです。ただ、「命よりも大切な」というフレーズだったり、「俺以外の誰かを好きになってしまう妄想がいつか現実になりそうで不安だった」という完全なるストーカー発言だったり、そういう解釈にたどり着くのも、有り得るかなと。

スキマの多い曲なので、想像&妄想の広がる余地が沢山ある曲だけれど、この解釈にたどり着いた時わたしは凄くしっくりきたので、1度歌詞を読み返してみては、、、?

 

 Lovin'U - KAT-TUN - 歌詞 : 歌ネット

 

あと、余談ですが、9コンで和アレンジのこの曲を歌うKAT-TUNがとても麗しいので、Sexy Zoneファンやその他ハイフン以外の方々はこちらも是非よろしくお願いします!この曲が和テイストになるのは意外だったけど、物凄く素晴らしいクオリティです。

 

 

 

珍しくただの販促記事でした。 

というか、サマパラで風磨がこの曲どうやって使ったのか全然知らないから、販促になるかどうかもわからないわ(笑)